3月のティーサロンin埼玉

「自然界の驚くべきいのちの営みその1」というテーマで
ゾンビのレシピ、魔女会、有毒植物など、
植物は薬にもなるけれど、使い方によっては命取りにもなる、
というちょっと怖~い話でした
何でも「両刃の剣」という当たり前のことが心に浮かびました

それでも、自然界はやっぱりワンダフル!です
色いろな花粉の顕微鏡写真にうっとりしました
花粉が、こんなに美しいものだなんて!
f0213189_9442139.jpg

こんな感想が聞かれました:
「今までとは全く別の世界を見せていただけた。植物を悪用し、人間をゾンビ化し
操ることができることに驚き、そのレシピがあること等、植物を善くも悪くも
利用できる人間の恐ろしさやその利用方法がとても面白かったです。
花粉の世界は、こんなに美しい世界が存在することに感動しました。
見えないものの中に、沢山の美しさがある様に思いました」

「花粉って、すごいアート力を持っているのですね。
人間が見えない世界であたりまえに、この美しい不思議な形で生きているという事
人間が知っていることはほんとに少ないことを知りました。
ゾンビの話も楽しかった」

「植物は毒にも薬にもなる、と改めて学びました。
魔女や魔法使いは、よくフラスコからけむりをだし、何か実験をしているイメージで
表されますが、植物から毒を取っていたのですね。
犬の散歩のとき、むやみに雑草を食べないように気をつけます。
花粉は、まるで海中生物か宇宙(星)のようでした」
__________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-03-11 09:53 | ・エコール・グロッセの授業風景
<< リュックさんの見沼田んぼ散策風... 3月のビオ・ガーデニング >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28