今月のティサロン in 岩手

宮城県以南と太平洋沿岸部を驚かせた大雪とは裏腹に、
岩手は例年より雪は少ない状況です
2日間待ってようやく通行止めが解除になった東北道を北上しながら
見た景色は、例年とは全く違っていました
仙台を過ぎるまで、道路の両脇に積まれた雪は1mもの高さ
岩手に入った途端、ほとんど雪がないのです
北と南がひっくり返ったような光景でした
それにしても、痛ましかったのは、群馬から宮城にかけて、
たくさんの温室が雪で押しつぶされていたことです
私たちも、まがりなりにも自然と付き合いながらの職業ですし、
雪で温室がつぶれた経験もありますので、他人ごとではない気がしました

さて、今月のレンボリューでのティサロンは、こんな景色の中で始まりました
f0213189_16153582.jpg

今月のテーマーは「生活必需品としてのヤシの色々&世界最古の樹木たち」です
ヤシと言えば、私たちがすぐにイメージするのは、旅行会社のパンフレットの写真
ではないでしょうか。南国の浜辺でバカンスを、というような...
意外と、ヤシと私たちの生活との結びつきなど、普段あまり意識していないですよね
ところが、ラフィアの原料となるラフィアヤシ、
実が象牙の代用品にもなるステムレスパームツリー(エレファントプランツ)ともいう
ココナッツでおなじみのココヤシ、
おいしいデーツの実がとれるナツメヤシ、
パームオイルの原料となるアブラヤシなど、その種類の豊富さと、私たちが日々
あずかっている恩恵に、あらためて目を見張りました
そして、樹齢数千年から1万年以上と、世界中の樹木の長老さんたちも
紹介してもらいました
中には、第4氷河期を生き抜いた大長老さんもいるのです
たとえば。アメリカ、ユタ州に生育するこのヨーロッパヤマナラシの群生
一本の木からクローンで生長拡大し続けているのですが、
そのもともとのご先祖様が出現したのは、8万年前と言われているそうです!!
私たちの近視眼的なスケールの及ばない時空を感じます
f0213189_16334697.jpg

ヤマナラシはポプラの一種ですが、葉っぱの揺れ方が独特ですよね
しかも、ヒラヒラ揺れながらパタパタ、ザワザワと音もたくさん出してくれます
あたかも、山が鳴っているかのように → ヤマナラシ
「家の前にこのヤマナラシの群落があり、大好きなんです」と、受講生のおひとりが
感激していらっしゃいました
見慣れたそのヤマナラシの群落の背景に、
どんな時間と歴史が刻まれてきたのでしょうね
もう一本、子供のころから樫の木が好きだった、という受講生さんを感動させた
パーマーズオークです
f0213189_16492246.jpg

樫の木は、ケルト文化で神聖視されていた樹木です
ヨーロッパでは、代々の王も重要な決定は樫の木の下で告げる習慣があったとか

一度根が生えたらじっと動かず、風雪に耐え、酷暑に耐え、動物の攻撃に曝され、
人間の開発を忍び、生きながらえてきた物言わぬ樹木の長老さんたち、
どんなドラマを潜り抜け、どんなドラマを静観し、
どんな記憶を刻んできたのでしょうか
静かなパワーがひしひしと伝わる今月のお話でした

来月のティサロンin岩手は、3月19日(水)を予定しております。

__________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2014-02-20 16:49 | ・エコール・グロッセの授業風景
<< マイナス9度の芸術 雪 大変  雪 美し >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
全体
・花巻東和温泉モデルガーデン
・エコール・グロッセの授業風景
・レンボリューの森
・グロッセリュックの庭づくり
・アート教室
・講演/旅行
・お知らせ
植物・庭の世界
ビオ ガーデナー
薬草になる植物
未分類
最新の記事
この秋、たくさんのお客様が訪..
at 2015-10-19 16:18
エコール・グロッセin名古屋..
at 2015-09-08 14:33
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-26 07:42
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-24 21:08
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-22 00:00
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧