リュックさんの自然界の神秘/色の不思議その1 〜先月のクラスで気づいたり、思い出したこと〜

 
 
 話のなかでR.シュタイナーの言葉が紹介された。〜物質は一番最後のステージである。最初に意図があり、(次に)デザインされ形になる〜と。これはどうゆうことなのかな?と思った時、思い出した絵がある。ヴェイルペインティングといって、ごく薄い色を重ねていくことにより物の形が表現されていく手法である。ここにはクリスタルが描かれているのだが、描くときのイメージとしては上方より宇宙からのエネルギーが下りていき、下方からは地からのエネルギーが働きかけている、という風である。以前、私もこの方法で描いたことがあるが、描く行程を内面の体験にするような気持ちで取り組んだ感じだった。今回のリュックさんの色の話は、上記の体験を思い出したことで光、光の粒子、光の密度等の導入の話が興味深く聞けた。

絵:「ひびきの村」美術講師・中村豊信の作品No.13
     (ひびきの村フォトギャラリーより/2008)

f0213189_8253269.jpg

お知らせ:
今週18日(水)に予定されておりましたティサロンですが、急きょ変更とになりました。
次回は、3月25日(水)となります。
__________________________________
f0213189_16404553.jpg本日のブログは、吉池恵が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2015-02-17 08:35 | ・エコール・グロッセの授業風景
<< 睦月一日(2015/02/19... 立春が過ぎて..... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28