カテゴリ:・エコール・グロッセの授業風景( 57 )

11月のビオガーデニング

フィールドとして晴海トリトンをお借りし、「剪定」の授業でした
折しも「晴海フラワーフェスティバル2013」で賑わう11月2日でした
この日のビッグイベントは、「花絨毯」とイリュミネーション
下絵は、子供たちからの公募の他に芸大の学生さんたちがが描いたそうです
f0213189_188443.jpg

川沿いの歩道に描かれた下絵に沿って、バラの花びらと色砂で色をつけます
ちなみに、使われたバラは全部で8万本とか!
f0213189_1891121.jpg

そんな華やかさと賑わいの中で始まった「剪定」のクラスです
案内役は、ビオ・ガーデニング一期生の深沢美由紀さん
このトリトンの緑地管理のスーパーバイザーを長年務めた方です
f0213189_1811655.jpg

イベントを意識してか、とってもおしゃれで贅沢な寄せ植え
f0213189_18115956.jpg

f0213189_1812993.jpg

ここトリトンの緑地は、樹種という点でも非常に充実しているので、
学びの材料に次から次へと出会えます
植物の話、剪定の仕方など講師の話も尽きません
f0213189_18155085.jpg

さあ、ブッドレアの剪定に挑戦です
f0213189_18163037.jpg

夕方まで粘った甲斐あって、こんな素敵な花絨毯とイリュミネーションに包まれました
f0213189_18175761.jpg


__________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-11-05 18:18 | ・エコール・グロッセの授業風景
11月の「植物の神秘」in ブランディーユ(東京)

「マンダラを描く」でした
小学校以来のコンパスを駆使して、マンダラの基本形を描きます
コンパスの使い方を忘れていた方もいらっしゃいました
最初の1㎜の狂いが命取りに!なんていう世界まで体験しました
前回のマンダラ塗り絵をお孫さんに見せたら、お孫さんがやりたい、と
言ったので濡らせてみました!という方も
そのお孫さん(5歳)がどうしても一緒に来たい、と言うことで、
今回は、そのお孫さんと一緒のご参加でした
f0213189_2141397.jpg

f0213189_2144749.jpg

f0213189_2151273.jpg

f0213189_2153542.jpg

__________________________________

f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-11-02 21:05 | ・エコール・グロッセの授業風景
岩手町民大学の皆さん


7月18日、岩手町から20名の見学者が、
温泉のガーデンとレンボリューの森を訪ねてくださいました
中央公民館主催の町民大学「園芸コース4」を受講されている
方々です
岩手町では、ガーデニングに関心を持ってくれる町民を増やし、
町の景観づくりに貢献してもらおうと、昨年から園芸やガーデニングに
関する学びの場を提供しているそうです
今回、「ビオ・ガーデニング」について学びたい、ということで
私たちに白羽の矢がたちました
当日は、朝から大雨です
最初のレクチャーは温室でするべく準備を始めました
まずは、ガーデンの花と絵(まだ未完成ですが)を飾ります
f0213189_10232012.jpg

ガーデンの全体図を描くリュックさん
f0213189_10251654.jpg

最初に、このガーデンのデザインコンセプトなどの説明をさせていただきます
普段メンテに頑張ってくれている恵さん、久美ちゃん、悟史君、拓哉君の紹介も
f0213189_10254874.jpg

「庭づくりは土づくりから」という実践を、堆肥の山を前に説明
f0213189_10274590.jpg

園芸療法ガーデンにて、車いすや立ち姿勢でも作業できる底上げ花壇の説明も
f0213189_10293745.jpg

連日の大雨で頭を垂れるスモークツリーですが
f0213189_1031381.jpg

ガーデンを後にし、昼食は土沢商店街にある「縁」で
一品テーブルに出されるたびに、皆さんから歓声があがります
おいしかった!!
f0213189_1034525.jpg

午後は、レンボリューの森まで足を運んでいただいて、
リュックさんが日本でこれまで手掛けてきた色々な庭のスライドショーと
お土産にいただいたスイートポテトと生チョコのティータイムで
一層なごやかな雰囲気に包まれたのでした
f0213189_10355335.jpg

___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-07-20 10:37 | ・エコール・グロッセの授業風景
7月のティーサロンin岩手


岩手の梅雨はまだ明けていません
このところ連日大雨が続いています
幸い17日のティーサロンは雨も上がってくれました
今回のテーマは、原子から出発して分子→細胞→器官→個体へと、
個が集まり、つながり、組織化され全体を創っていく過程を人体を通して見ました。
そして、こうした過程が自然界では動植物のみならず鉱物の世界でも見られることも。
それは、とても機械的な側面を持っています。
さらに、人間が作り出す機械や道具、都市などの生活環境にまで、
こうした過程やパターンが反映されていて、
被創造物すべてに投影されている、ということに気が付かされました
私たちの身体が、無数の微生物や細胞という「個」によって成り立ち、
私たちが意識しなくても、「私」という大いなるネットワークの中で、相互に協力、
共存しながら生きるこうした「個」の働きによって、実は生かされているのですよね。
さらに、太陽系に思いを馳せながら、
「もし、この私たちひとりひとりが、さらに大きな存在の一細胞だとしたら?」
「もし、この星ひとつひとつが、さらに大きな存在の一細胞だとしたら?」
と、想像は膨らむばかりでした。
その後雨も上がったので、大地に根を張り、天につながるワークを外ですることができました
f0213189_185476.jpg


___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-07-18 18:07 | ・エコール・グロッセの授業風景
7月のティーサロンin埼玉

世界の巨木

7月の主なテーマは、「世界の記録に残る樹木たち」でした
高さ、幹回り、樹幹の規模が記録的な大きさの樹木だったり、
樹齢数千年という樹木たちです
中には、1万年を超す老齢中の老齢という樹もありました
日本の古木と言えば、屋久島の縄文杉が有名ですが、
私たち人間の寿命をはるかにはるかに超えるこうした樹木たちは、
氷河期を体験したり、人間が建設した最古の都市と言われている
古代オリエントの都市エリコの誕生を見たり、ストーンヘンジ建立に
立ち会ったり、と、実に様々な天変地異と地球の歴史、そして、
私たち人間の歩みを、その命に刻み込んできたんだな、と
強く感じる一日でした
ちなみに、メキシコで最も有名な木、メキシコラクウショウは幹回り58m、
樹高42mの世界で一番幹回りの太い木推定重量600トン、樹齢1500年です
f0213189_12165545.jpg

こうした古木の存在を通して強く思ったことがあります
「樹木のいのちを通して地球を見てみたい!」と
地球環境の変化のみならず繰り返される人間による破壊行為の中
その場から逃げ出すこともせず、そこに在り続け、生き続ける樹木たち
私たち人間は、もうあまり意識することもなくなったけれど、
おかげで、今までずっと呼吸できてきたし、食べることができてきたし、
身にまとうことができてきたし、住まうことができてきたのですよね

そんなことを思いめぐらしているとき、こんな文章に出会いました

「魚付き林 山は水の宝庫であり、量や温度も調節できる巨大な浄化装置である。
森林がなければ田んぼに水を引くことはできず、海の魚もいなくなる。江戸時代、
海岸近くに盛んに植林された森は『魚付き林』と呼ばれ、伐採を厳しく禁じられて
いたが、戦後50年で当時の魚付き林の4割が滅び、広葉樹の植林を続けて
見事に牡蠣を蘇らせた気仙沼の漁師、畠山さんは川の源流も含めたすべての
森が魚付き林、私たちは先人のすぐれたお手本を忘れていたのだと話す」
(和暦日々是好日より)

__________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-07-10 12:39 | ・エコール・グロッセの授業風景
今月のティサロンin岩手

5月22日の朝、リュックさんが、
「今日のクラスは外でしたい」と言い出しました。
前回から、自然、音楽、芸術の背景に潜む秩序と法則として
算術や「聖なる幾何学」シリーズを開始したわけですが、
当日のさわやかな五月晴れとレンボリューの森の新緑の美しさに
外で植物の話がしたくなったようです。
皆さんをお迎えするガーデンの花たち
f0213189_1526740.jpg

自然に身を任せた即興的授業のはじまりです
f0213189_16203162.jpg

今咲き誇る草花の話をすると思いきや、まず向かったのはあふれた池の水を
下の土地に流すべく掘った水路でした
f0213189_15285988.jpg

結果的にそこにあった蟻の巣を分断する形になってしまったわけです
よ~く見ると、水路をつなぐ一本の細い茎が見つかりました
何と、蟻さんたちはこの一本の茎を橋代わりに使って、
巣と向こう岸を行ったり来たりしているのです
そのとき、目に入ったのは、自分の体の何倍もあるような蜘蛛さえ引っ張って
この茎橋を渡っている姿でした
f0213189_11363835.jpg

今年は、例年以上にタンポポとヒメオドリコソウが多いように思います
受講生の中にも、「もううんざり」という方が何人かいらっしゃいました
たんぽぽは、そのドリルのような直根で、深いところからミネラル分を吸い上げて
地表まで持ってきてくれて、その土地のミネラル不足を補ってるんだよ、とい
うリュックさんに話に、みなさんびっくり!
こんな風に、雑草と呼ばれる植物のひとつひとつはちゃんと意味と働きがあり、
大地のバランスを図ってくれている、という話は続きます
「もうタンポポを毛嫌いするのはやめます!」と即座に改心した人も。

実は、レンボリューの森のすぐ隣は杉林だったのですが、
2年前材木を切り出すために徹底的に伐採されました
幸い、そのあと杉が植林されることなく、そのまま放置されています
どんな植物が生えてくるか、私たちは密かに楽しみにしていました
そこを見に行ってみましょう
あっ!その前に、一匹の野兎がピョンピョン跳ねながら私たちの目の前を
横切りましたよ!
f0213189_1542492.jpg

f0213189_15424352.jpg

日当たりが悪く土壌も酸性化して、他の植物がほとんど育たなかったこの杉林
今では、実に多種多様の樹木や草花が生長しつつあります
開拓者植物としてのハンノキの仲間、ポプラ、マメ科植物など、
今まで種として土中に潜んで「その時期」をじっと待っていたかのように
いっせいに芽吹いているようです
次の世代の植物たちが生きていくことのできる大地に蘇らせるべく働くために...
イボに効果的とされるクサノウも見つかりました
(効用については、「自然が正しい」モーリス・メセゲ著を参照してください)
f0213189_1553037.jpg

こんな風にたっぷり2時間、外で遊びました
フィナーレは、下の土地に育つ源平咲き梅のお花見です
f0213189_15541292.jpg

もちろん、この後はティータイムとシェアリングです
今月のスイーツは、チーズ味のスコーンとバナナマフィンでした

受講者さんの感想です:
「外気を思いきり吸い込みました。傍らを通っても気づくこともできす、「感じる力」
さえおとろえていたと感じました。見たことはあっても名前も知らずに在る植物。
今日もまた知らない世界をのぞくことができました。
月並みですが、自然と共にあることは素直に面白いことを改めて実感しました」
(平賀明美)

「この春、淳ちゃんと杉林に入る機会があったので、今日の杉を切った土地の
植生を見たのは大変興味深かった。パイオニアプランツの働きを知ることで、
私のすることのヒントを受け取れることになるのだろうか」(Y.M.)

「水の流れ、開拓する草、なぜ花が咲くのか、理由を考えたことがなかったので、
とても新鮮な感覚でした。これからの見方が変わります。あまりにも草や花の
名前を知らない自分に気づきました。もし知っていれば、散歩ももっと楽しく
なると思います。ありがとうございました」(A.K.)

「今年の春は(そして今朝も)しき詰めるように群生しているタンポポにため息を
ついておりましたが、直根草はPioneer plantsだと聞いて一転!!心穏やかに
路地の草花を見ることができそうです。花々や動物が私たちに教えてくれている
事って沢山あるんですね。水、土、空気、バランスの妙を実感しました。
今日、屋外授業の最中、突然現れた野ウサギも、
何かを伝えにあらわれたのでしょうか....。」(鎌田明子)

「自然をみる目、なぜ、という思いの大切さ。地球誕生から脈々と続いている進化
の先に、今自分が生きているというこの事実。すごいなあと思う。
この視点を忘れずにいる事、やっぱり自然の中に身を置いてみる事の大切さを
改めて感じた。子供たちにぜひはなしたいなあと思いました。
何より何より、リュックさんのフランス語の響きが、自然界、植物とマッチしていて、
私もそうなりたいと思うのでした。どうかナ?
難しい算数の話、聞いてみたいです。違う側面から苦手な数字を体験してみたい。
私が、たぶん本を読んでもわからないでしょうから、聞いてみたいです」(酒匂淳子)

「パイオニアプランツの役割。土をたがやしてくれてる事を知り、ますます、
いわゆる雑草等もカワイク、ありがたく思えました。自然よ、”ありがとう”
そして、良く、うまくできている自然を自然のままにすることの大切さを今日も
改めて教えて頂き感謝します」(斉藤知佳)

___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-05-25 16:15 | ・エコール・グロッセの授業風景
エコール・グロッセin鳥取 最終

さあ、みなさんの力作の続きです
どうぞお楽しいください
ざるそば風お弁当?
f0213189_21201638.jpg

幕の内?
f0213189_21211844.jpg

小粒だけれど中身は充実?
f0213189_21223474.jpg

欲張り弁当?
f0213189_21234586.jpg

ごはんがたっぷり
f0213189_21243846.jpg

ペア弁当?
f0213189_2127097.jpg


いかがでしたか?
シェアリングでは、環境、内容、そして山菜尽くしの昼食、ととてもぜいたくな時間
を過ごすことができた、という感想をたくさんいただきました
主催者のみなさん、お疲れ様でした!
また、次回がとても楽しみです

___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-05-23 21:28 | ・エコール・グロッセの授業風景
エコール・グロッセin鳥取 その3

さあ、どんなお弁当に仕上がったのでしょうか
特とご覧あれ!!
「お母さんのお弁当には、いつも梅干しと卵焼きが入っていた」
「何といってものり弁当」
「ちらし寿司」などなど、お弁当の想いでも引き出されて...
f0213189_21384374.jpg

f0213189_21392357.jpg

f0213189_21395898.jpg

f0213189_21403025.jpg
f0213189_21411152.jpg

f0213189_21431330.jpg

___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-05-22 21:43 | ・エコール・グロッセの授業風景
エコール・グロッセin鳥取 その2

名古屋ででもそうですが、今回の鳥取でも、
午前中はリュックさんの「自然界の神秘」クラス、
午後は私世津子の「虹色の種」ワークショップという2本立てでした
テーマは、「花のお弁当箱」
参加者さんにそれぞれのお弁当箱を持参してもらいましたが、
飯盒を持ってくる方、曲げわっぱの方、ざるの方、と器も色々あり、
どんな作品に仕上がるのか、始める前からとても楽しみになりました

古民家長谷川邸の奥様、グリーンツーリズムのメンバーさん、そして
遠藤濃園さんのご協力により、実に豊富な草花がそろいましたよ
お昼休みを利用して、古民家の周りに咲く野の花を切っていらっしゃる方も。
ツツジ、オオデマリ、鈴蘭、麦、水仙、イカリソウ、マサキ、コデマリ、椿、
アジュガ、ナルコユリ、ヤマブキなどなど、さあどれから活けましょうか
f0213189_1422742.jpg

お弁当箱にセットしたオアシスにさしていきます
f0213189_1423416.jpg

男性も女性も、老いも若きも、最初は多少の戸惑いはあるものの、
苦手意識も忘れて、植物の世界に引き込まれていきます
f0213189_14234388.jpg

f0213189_14244194.jpg

f0213189_14263642.jpg

f0213189_14272676.jpg

f0213189_14281025.jpg

作品がひとつ出来上がるたびに、会場から湧き上がる感嘆の声!
次回は、いよいよ作品のご紹介です!



___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-05-19 14:30 | ・エコール・グロッセの授業風景
エコール・グロッセin鳥取 その1

グリーンツーリズム用瀬の皆さんが呼んでくださって
古民家の長谷川邸にて、5月5日に開かれました
前日、下見と午後の虹色の種ワークショップのために植物の
チェックに会場を訪れました
あいにく雨模様で肌寒い一日で、翌日の天気が懸念されます
そんな中、長谷川邸の奥様が山の藤とツツジで大胆に活けてくださった
お花に大歓迎されます
f0213189_20235479.jpg

グリーンツーリズムのメンバーのおひとりも、孟宗竹を掘り起こしてきて
玄関のシャガの間に何気なく活けて?くださいました
f0213189_20255853.jpg

いよいよ本番の日。前日の雨とはうってかわって
まだ風は冷たいながらも、五月晴れを思わせる晴天に恵まれました
古民家の前を流れる川になだれ込むように咲き誇る藤の花に目を奪われます
f0213189_20274953.jpg

目の覚めるような青紫色です
f0213189_20284318.jpg

そんな美しい自然に包まれながらリュックさんの「植物の神秘」クラスが始まりました
f0213189_20303733.jpg

f0213189_20311078.jpg

プリズムを使った見え方の変化に夢中?
f0213189_20325822.jpg

お昼は、近くの公民館でいただきました
どれもこれも、メンバーのひとりのお母様のおいしいおいしい手作り料理で、
心もお腹も大満足!
f0213189_20345563.jpg


___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-05-15 20:35 | ・エコール・グロッセの授業風景


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
・花巻東和温泉モデルガーデン
・エコール・グロッセの授業風景
・レンボリューの森
・グロッセリュックの庭づくり
・アート教室
・講演/旅行
・お知らせ
植物・庭の世界
ビオ ガーデナー
薬草になる植物
未分類
最新の記事
この秋、たくさんのお客様が訪..
at 2015-10-19 16:18
エコール・グロッセin名古屋..
at 2015-09-08 14:33
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-26 07:42
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-24 21:08
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-22 00:00
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧