ビオ・ガーデンの仲間たち


今月のビオ・ガーデニングクラスのテーマです
ガーデンがビオであるために欠かせない仲間たち
植物も野鳥も昆虫も微生物も、カエルやイモリなどの両生類も
ヘビなどの爬虫類も、金魚やメダカなどの魚類も
みんなみんな共存できる庭
気持ち悪いとか、怖いとか、毛嫌いしたり、抹殺したりしがちな
多くの生き物さんたちが、生態系のバランスにどれほど大切な働きを
してくれているかについて学びました
そして、そうした生き物さんたちに隠れ家や餌場を提供するための仕掛けや
ちょっとした工夫についても学びました
f0213189_23104953.jpg


今回のキーワードは、多様性だったようです。
「豊かな自然は、個性豊かな生き物が存在してこそなのだと感じました。
そのままで一切無駄がなく、調和していて、
否定するものなんて本当は何もないのですね」(Y.H.)
「微生物や虫、鳥の力のすばらしさを感じました。
人間も生き物の仲間として、共生していきたいです」(岩本智子)
という感想にも見られるように、今回も自然から人間としての生き方を
学んだように思います。
___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2013-02-06 23:16 | ・エコール・グロッセの授業風景
<< 生命誕生の担い手たちとフラクタル 植物・庭の世界 40 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31