今月のティサロンin岩手

テーマは、「食用植物秘話その2」ということで、
ジャガイモとカカオの原産地、品種、歴史などを学びました
参加者さんの感想として、
「こんな視点で歴史を学べたら面白く、歴史にもっと興味を持てたと思う」
「子供たちにも、こんな風に学ばせてあげたい」というコメントが
圧倒的に多く聞かれました
皆さんをお迎えするテーブルの花は、この季節の庭を反映しててんこ盛り
f0213189_1057184.jpg

今回は、リュックさんの話の後に、特別レクチャーをご用意しました
参加者さんのおひとり多田立伊さんが、古くから先住民の人たちの聖地であり、
現在では、世界中の宗教や精神的団体が集まり活動しているコミュニティ、
アメリカ、クレストンの様子を紹介してくださいました
クレストンは、ロッキー山脈南部のふもとに位置する高地盆地で、
昔から先住民の人たちの聖なる大地として崇められていました
神聖な癒しの儀式を行うために、あるいは「ビジョン・クエスト」をするために
訪れていたこの場所では、たとえ敵対する部族と出会っても、誰も争いを
起こさないことから、「ブラッドレス・バレー(無血の谷)」と呼ばれていたそうです
ゴールドラッシュで湧いた1800年第後半から人が住みはじめますが、
1988年に、ハナ・ストロングさんという方が、
「残された手つかずの自然保護区を保全し、持続可能な生活、農業のモデルを作り、
世界の伝統と知恵の集まる場所」を創るためにマニトウ財団を設立し、
ヒンドゥー教、大乗仏教、チベット仏教、キリスト教などの宗教団体や精神的団体と
協力しながら、「すべてのものはつながっている~ワンネス~」という感覚に目覚め、
「すべての生命と平和で調和ある共存」をこの地に体現しようと務めておられます
多田さんがかかわっていらっしゃる秀明インターナショナルという団体も、
特に、このマニトウ財団の「原種保存プロジェクト(シードバンク)」に賛同し、
クレストンに秀明国際交流センターを設立されたそうです
多田さんのお話とクレストンの美しい景色に、また一層感動するティサロンでした
ロッキー山脈のふもとに広がるクレストンの地
f0213189_11412552.jpg

めったにお目にかかれないブルーバードという青い鳥
「幸せの青い鳥」を思い出しました
f0213189_11395823.jpg

スペインの宣教師たちは、彼らが最も神聖視する
「サングレ・デ・クリスト(キリストの血)と名付けた夕日に染まる山々
f0213189_11441483.jpg

f0213189_11443343.jpg

こんな流れ星の大群に出会えたら、正気でいられるかしら
f0213189_11451518.jpg

クレストンからやってきたフクロウさんと記念撮影です
f0213189_1147851.jpg



___________________________________
f0213189_16353041.jpg本日のブログは、グロッセ世津子が担当いたしました。
ありがとうございました!
[PR]
by Ecole-G | 2014-07-27 11:47
<< 花のじゅうたんビエンナーレ モデルガーデンの旬な花 その2 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリ
全体
・花巻東和温泉モデルガーデン
・エコール・グロッセの授業風景
・レンボリューの森
・グロッセリュックの庭づくり
・アート教室
・講演/旅行
・お知らせ
植物・庭の世界
ビオ ガーデナー
薬草になる植物
未分類
最新の記事
この秋、たくさんのお客様が訪..
at 2015-10-19 16:18
エコール・グロッセin名古屋..
at 2015-09-08 14:33
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-26 07:42
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-24 21:08
いばらき園芸療法研究会をお迎..
at 2015-06-22 00:00
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧