人気ブログランキング |
vol.10 4月4日(土)アート教室はさくら♡

vol.10 4月4日(土)アート教室はさくら♡_f0213189_11112529.jpg

4月4日(土)のアート教室のお知らせです。
小松崎博子先生のアイディアで、せっかく桜の季節なので、
見沼用水路の並木桜を描きに行こうという企画に変わりました。
通常通り、Riforさんに12:00集合で、そのまま歩いて行きます。
お弁当は、こちらで用意いたします。(こちらは別途700〜1,000円かかります。持参される方は、お手数ですが事前にメールかお電話でお知らせ下さい)
まだ、受付しておりますので、はじめての方も久しぶりの方もお申込お待ちしております♡
midorinoyubi@grosse.co.jp
http://www.grosse/ecole
# by Ecole-G | 2010-03-19 11:12
vol.9 埼玉クラス3月ご報告

vol.9 埼玉クラス3月ご報告_f0213189_1923250.jpg
今日は、エコールグロッセ埼玉クラスの「植物の神秘」ならびに「虹色の種」クラスでした。
「植物の神秘」は、色・形・エネルギー(音)の三部構成となっておりますが、本日は、形の世界で“マンダラ”のお話です。
世界中のマンダラとその意味。宗教が異なっても、お互いに連絡を取り合ったり打ち合わせをしたわけでもないのに、「宇宙創造の真理」を等しく表現するマンダラが世界中で共通して大切にされていました。
もちろん、エコールグロッセでは、宗教に偏った考えではなく、それも含め、自然の神秘その世界を見つめれば、すべては中心から創造されているマンダラの世界だという事がわかります。
私たちの身体もです。
上の写真、そしてこれらの写真は、午後のクラスの「虹色の種」で活動です。
vol.9 埼玉クラス3月ご報告_f0213189_192828100.jpg
まず、前回の「植物の神秘」で学んだ「青の性質」を体験すべく、思い思いに青の世界を描いてみると、本当に不思議です。

たまたま、「臨床美術アート教室」で小松崎博子先生が作って置いて行ってくれたシャチ?
イルカ?



vol.9 埼玉クラス3月ご報告_f0213189_19284440.jpgのオブジェが、まるで海のようなこのクロッキー帳のページの上で泳いでくれました。

特別に意識をしたわけでもないのに、
それぞれの青の世界の上に乗せてみると、動き出すような生き生きとした世界がうまれました。

vol.9 埼玉クラス3月ご報告_f0213189_1928577.jpgと、このようにして、誰も何かしようとしないのに、身を任せてみると子供の頃に、創造性をくすぐられた世界が甦ります。
「大人っていいね」とか言いながら、両手をパステル色でいっぱいに汚して、思い思いに色を楽しみました。


vol.9 埼玉クラス3月ご報告_f0213189_19291761.jpg←この写真は、深海へと泳いで行くシャチ?イルカの様子です。
今回の受講生の方は、「これまで、ずっと色を使う事に抵抗があった事にきづいた。自分自身は、色が好きなのに何か、使ってはいけないような気になっていた」という方。「色を重ねる事が怖かった」また「自分は、どちらかというと右脳人間なのに、ずっと左脳的な事を自分に無理してさせて来ていた」など色々な気づきがありました。

一番上の作品たちは、「Let's Enjoy!」のかけ声とともに、アフリカ調の音楽を聞きながら、好きなように色を使って絵を描きました。出来上がりは、皆自分の絵に酔いしれていました(笑)
「自分自身からこんな色が生まれるとは...」という感動と共に、色を使う事で身体が熱くなったり、黄色の性質を体験しながら塗っている時には、胃のあたりが温かくなったりと同時にカラーセラピー効果も楽しみました。
# by Ecole-G | 2010-03-13 19:45
vol.8 3月7日のアート教室「リンゴのオブジェ」

vol.8   3月7日のアート教室「リンゴのオブジェ」_f0213189_12221322.jpg初めての立体に挑戦しました。
白、赤、黄色、青の紙粘土を色々に混ぜ合わせて、色々な色を生み出しながら、アルミの芯にくっつけて、目の前の本物のリンゴをチラチラ見ながら、「私の創作リンゴ」を作って行きます。
「粘土遊びなんて、小学校以来」
「気持ちいい!!」
「楽しい!!」という声があがります。
 
出来上がりの作品は、、、エコールグロッセのHPのギャラリーにアップいたしました。それぞれの楽しい作品をご覧ください♡
http://www.grosse.co.jp/
# by Ecole-G | 2010-03-11 12:31
vol.7 岩手クラスご報告

2月の岩手クラスは,「創造する音・振動」でした!

岩手の寒さも少しずつですが、緩み始めています。
屋根から落ちて積もったこの雪の山は、3月にはどんな姿になっているのでしょうか。一日、一日、雪の隙間から見え隠れする春の息吹に
心躍らせる季節です。

今回のクラスのテーマは、「はじめに言葉(意図→音・振動)ありき」
自然界の色も形も、その創造のはじまりに「意図」ありき。
「意図」はエネルギー(音・振動)を生み出し、創造する。

さて、どんな授業になったのでしょうか。

受講生さんの感想のいくつかに耳を傾けましょう。

「近頃、自分が大変気になっている事がテーマでしたので、とても充実した時間でした。意志することによって形になる。波動という普段目に見えていないところのものの持つエネルギー
を、本日はいろいろな話から見る事ができた。
またしても、シュタイナー教育の中でなされるオイリュトミーや言語造形の意味が理解できるというつながりがありました。このつながりの発見が、毎回とても面白かったです。」(Y.M)


「音の振動で砂とかの模様が変わって不思議だけど、面白かった。意図で、ごはんが腐ったり、そうならなかったりして不思議でした。」(H.K)


「生命(いのち)のはじまりが「音」からはじまった、ということが、腑に落ちた。視覚でとらえられることで、とても納得できた。
亀好きのアレキサンダー・ローテルワッサーの言う『内側の振動』が、『かたち』『形状』をつくったのではないか、という話が、自分の中にあるモヤモヤしたものとつながった。
『生きている』ことの意味を深く考えるクラスとなりました。今日のクラス、ヒット!です。」(Y.M)

「無事終わったね」と寛ぐリュックさんと愛南♡
vol.7 岩手クラスご報告_f0213189_1512537.jpg

# by Ecole-G | 2010-02-24 15:08
vol.6 「接ぎ木」Bioクラス

2月6日(土)の第7回目クラスビオガーデニングは、
「接ぎ木」についてでした。

 植物の一般的な増殖方法として種まきや挿し木がありますが、
今回は、アマチュアにはあまり縁のないちょっとしたプロ技を
学びました。種まきや挿し木に較べて、技術的にもある程度の
器用さと経験を要しますが、だからこそワクワクする体験にも
なったようです。

接ぎ木の時期は春から秋口までが最適なので、
今回は、「接ぎ木とは?」「接ぎ木に適する植物」
「接ぎ木のための道具」「接ぎ木の種類」など、
基本的な考え方とその技術について学びました。

ノイバラとレンギョウを台木そして接ぎ穂として使いました。
「話に聞くのと、実際にやるのではわけが違う」と生徒さんのつぶやき。
vol.6 「接ぎ木」Bioクラス_f0213189_1444249.jpg

それでは、先生がまずお手本を...

P2060062_2.jpg
P2060056_2.jpg
T字型の切り込みが入りました。何しろナイフを使うので、緊張感と真剣味が違います。

P2060063_2.jpg
一本の台木に次から次へと芽接ぎしてみました。

P2060067_2.jpg
今度は、枝を接ぐ切接ぎと割接ぎのやり方にトライ

P2060070.jpg
接ぎ穂の芽が食べられないように、鳥よけ対策も

受講された方がこんな感想を残して下さいました。

「実際やってみると、色々なことが見えてくるので楽しいですし、
学ぶことは楽しいです!」

「接ぎ木の実技楽しんで学ぶことができ、ありがとうございました」

「ひとつの木からいろんな色の花が咲くと考えただけでも楽しくなります。
赤と白の咲く木を見かけ、可愛いと思っていました。今日の接ぎ木の勉強は、
不器用な私には簡単ではなかったですが、楽しい時間でした」

「接ぎ木は技術が必要ということで、お話をお聞きし、その後、作業をさ
せていただきましたが、とてもむずかしかったですが、お話の内容がよくわ
かり、楽しかったです」

ありがとうございました!!
グロッセ世津子
# by Ecole-G | 2010-02-14 14:02
vol.5 エコール2001

2010年2月14日今日は、旧暦の新年です!
数秘術で計算をしますと、2+0+1+0+2+1+4=10で1+0=1となります。
その為、全ての始まりである「1」の日。
旧暦は、月の動きと関係がとても深いですので、私たちの身体と
エネルギーがこの流れに影響を受けていることは、間違いありません。

さて、今年も、ユニークで素敵なメンバーがエコールのクラスに受講
されています。
昨日は、エコール3期目のClass2が開かれました。

SANY0003.jpg

植物の神秘は色のお話でした。
私も、3〜4回目の受講にして、ようやくシュタイナーの伝えている
色の意味が解ってきました。最初のクラスでは、「へ〜」と思ってす
っかり忘れ、二回目に聞いたときは「ん、前回と同じ」、三回目に聞
いたときは「?」となり、今回四回目にして「うぉ!すごい。そんな
事を言っていたのですね!?」と感動するものがありました。

授業の内容も、回数を重ねるごとに深まり、また内容もわかりやすく
なっている点もあると思います。リュックさんが、どうすればもっと
伝わりやすいかを日々研究しておりますので、その努力が実りつつあ
るのかも知れません。
いずれにしても、参加者の皆さんの疑問・質問にこちらもはっとさせ
られ、そして、学んでいます。
何度受講しても、このクラスは深まって行きますので、是非2回目の
受講も、お待ちしております。

*写真は、桃華色のイメージの薔薇です。
シュタイナーは、色を「知識として捉えるのではなく、感じるもの」
と伝えています。
シュタイナーの教える事は、難しいと言われていますが、
植物の世界を通すと、理解が深まり、肌でわかる事がとても多いのです。

次回のクラスは、3/13(土)形の神秘〜マンダラの歴史と意味〜です。
10:30~12:30詳細は、HPをご覧下さい。

現代人は、視覚によって情報を取り入れる事が最も多いかも知れません。
宇宙が想像されたときから、形には神秘が込められていました。
その神秘を知る最高の近道は、植物たちに教えてもらう事です!
御参加お待ちしております。

グロッセ明日香
# by Ecole-G | 2010-02-14 12:33
vol.4 東和町のお話

DSCN4216.JPG

実家のある岩手「東和町」は、昨年花巻と合併されて、花巻市になってしまいました。良いか悪いかよくわかりませんが、広く温泉地ということになり、それから、宮沢賢治は、東和なのか、花巻なのか?という細かい分けもなくなって、広く宮沢賢治のふるさとと言う事になりました。

住んでいる人たちからすると、何かしたくてもこれまで東和町規模で決定できた事も、花巻市のお伺いを立てなくてはならなくなり、良いか悪いか、やっぱり未だにわかりませんが、逆に私はあえて、花巻市として、美的にも意識の高さとしても東和町が誇られ大切にされるといいなと考えています。

だって、住んでいる人たちがとてもユニークだから。
特に、外から来た人たち(私たち含め)が実践している事は、とても画期的で魅力があるからです。
有機野菜を作ったり環境の事を一番に考えている事や、子だくさんなのは、地元の人よりも外から来た人たちだったり、アーティストも多いし、教育者もいます。両親の庭や園芸療法も全国で評価されています。でも、やっぱり、遠くの何とかより近くの何とかで、、、地元の人に受け入れられる事が一番大切。

そんな話を今朝、昨日岩手から帰ってきた母と話をしていました。
それで、思い出した面白い話。
東和の友人アンソニー・バッシュさんは、アメリカでシュタイナー学校の教員として働いていました。
その為、考え方もドイツ的というか、アメリカ人であり、とてもヨーロッパ(ドイツ方面)の意識のある方。
とても、穏やかというか真面目なんですが、
ある時、長男のダニエルが学校であまり勉強をしないので、先生が成績を心配して家に電話をしてきました。
先生:「お父さんですか?」
アンソ:「はい。」
先生:「○+×*◎□+●*・・・ダニエル君は、勉強が少し心配なのですが、お家では勉強をしていますか?」
アンソ:「あ〜、してないみたいですねぇ」
先生:「あっっ、そうですかぁ〜」

というやり取りがあったそうです。
アンソニーも面白いけど、先生も何気に面白いです(笑)
のんびりな東和町ならではの会話というのか人柄を感じます。
家ではせかせかと、アレシロコレシロと言われないバッシュ家の子供たちは、いつも元気いっぱいです。でも、やっぱり学校は憂鬱みたい(笑)

東和町も、せっかく小さな田舎らしい小柄な小学校があちこちにあったのに、「子供は沢山の中で競いあう方が伸びる」という、全く古い考えから、今年は一校にまとめられ全校生徒400人!という、ビックな学校になるそうで、、、つまらない計画です。
友人の子供も「いきたくな〜い」と言っています。
田舎の思い切りは、誰の指揮なのかわかりませんが、のんびりな地元の人が、「はて?それっていいこと?」とじっくり考えている間に、勝手に決まってしまう事も多いのです。
# by Ecole-G | 2010-01-25 10:03
vol.3 臨床美術アート教室2010年スケジュール

2010年アート教室クラススケジュール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
88-1.jpg
88-1.jpg
88-1.jpg

✄ class 3 1月17日(日)13:30〜15:30 受付中!!
「いろいろな線と色で遊ぼう 」
ただの線に自分だけの表現を発見しながら描きすすめて
いくうちに、おもしろい形や深みのある色彩が生まれ、
自分でも予想もつかない抽象画ができあがります。

             ✙✙✙
✄ class 4 2月7日(日)13:30〜15:30 受付中!!
「かぼちゃを描く」
かぼちゃ独特のごつごつした質感やたっぷりとした重量感を、
紙やすりに描きます。
重厚なオイルパステルの色彩表現を楽しみます。

             ✙✙✙
✄ class 5 3月7日(日)13:30〜15:30 受付中!!
「りんごのオブジェ」
やわらかな粘土の感触を楽しみ、混色していくおもしろさ
を感じながら、りんごから受ける印象や形から発想して
作って行きます。

             ✙✙✙
✄ class 6 4月4日(日)13:30〜15:30 受付中!!
「マチスとのコラボレーション」
マチスのフォルムや色彩の魅力に導かれながら、分割した
それぞれの画面を徐々に自分の表現へと展開していきます。
完成した作品をつなぎ合わせると、マチスとのコラボレー
ションの大作に!

     SANY0002.jpg
# by Ecole-G | 2010-01-10 12:28
vol.2 つづいて「園芸療法コミュニケーション〜虹色の種〜」クラススケジュール

kisetu040.jpg



2010年スケジュール『園芸療法コミュニケーション〜虹色の種〜』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月 9日(土)終了
テーマ内容日程
class 1 自分の心の声に耳を傾ける
〜私は何を考えているのかな?〜

わたしの夢、弱点、好きなことに想いを巡らせながら自分を
見つめるワークです。コミュニケーションは、まず自分を知る事
からはじまります。ここでは、クロッキー帳を使って心を開放し、
潜在意識につながります。

            ✢✢✢
2月13日(土)13:30~16:30 受付中!!
class 2 自分の心の声に耳を傾ける
〜私は何を感じているのかな?〜

心で感じている世界を実際に表現します。外に出て散歩をしながら、
五感で得た情報を言葉にしてポエムづくりをします。自分自身も知らな
かった「私」と出会うワークです。

            ✢✢✢
3月13日(土)13:30~16:30 受付中!!
class 3 自己表現活動 
〜色遊び〜

感情を色や形で表現することで、
自分の感情に寄り添い、受けとめ、気づき、あるいは解き放つワーク
をします。さらに、無心に色の連なりを楽しむ簡単な作品づくりを通
して、様々な色の体験をします。

            ✢✢✢
4月10日(土)13:30~16:30 受付中!!
class 4 他者の声に耳を傾ける
〜身体表現としてのコミュニケーション〜

コチコチに固くなった身体を解放しながら、言葉を介さない
表現の世界にチャレンジする無言のしりとりやジェスチャーゲーム。
更に、お互いの気持ちを推し量りながらペアで描くデッザンも体験します。

            ✢✢✢
5月 1日(土)13:30~16:30 受付中!!
class 5 他者の声に耳を傾ける 
〜インタビューゲーム〜

「相手の話に耳を傾ける」というコミュニケーションの基本を
体験します。インタビューゲームは、マスターすると家庭でも職場
でも地域でも、驚くほどコミュニケーションがスムーズになる技です。
人と話すときの自分の癖にも気づくチャンスです。

            ✢✢✢
6月12日(土)13:30~16:30 受付中!!
class 6 創作活動 
〜たまごのポプリ〜

卵の殻にブレンドした
ポプリを入れて、和紙で飾る香りの卵づくり。バラ、ラベンダー、
ミント、カモミールなど色々なハーブの香りを楽しみながら、香り
と和紙のコンビネーションで卵の殻を変身させながら、私なりの
「虹色の種」を作っていきます。
# by Ecole-G | 2010-01-10 12:11
vol.1 新年クラススタート!明けましておめでとうございます。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年も、エコールグロッセをどうぞ宜しく御願いします。

新年最初のクラスは、埼玉でスタートしました。
『植物の神秘』そして『虹色の種』です。
(*今サイクルは、受付を土曜日のみになりました事をお知らせします。)

SANY0002_2.jpg

この写真は、『虹色の種』クラスでの種のワーク。
ひとりひとり持って生まれた花を咲かせる事の大切さをお話しました。

昨日の『植物の神秘』では、「何故この世の中は弱肉強食なのか?」
という質問があがりました。

Q:「弱い者を食べる、生きた者を食べる、
何故もっと仲良く生きる事ができないのか」

という受講生のお一人からの質問でした。

その中で、
A:「本当に世の中は、弱肉強食なのか?」
「弱い者・強い者全てのサイクルの中にある」
「本当に世の中は、弱肉強食なのか?それは人間の見方なのではないか?」
というお話がでました。

私たちは、どうしても人間の目線で物事をみてしまうと、
片一方の面だけで物事を判断しようとしてしまうようです。
そんな視界を広げる事もエコールグロッセのお仕事のひとつです。
植物の世界、まさに神秘に目覚めると世の中の見方ががらっと変わり始めます。

昨日の受講者の方の感想には、

「一つ一つの植物、生き物がそれぞれの色に形にデザインされた事には、
意味があり、役割がある事を学びました・・・今まで漠然とみていた植物、
生き物の色、形は、生きる為にデザインされたものである事を知りました。」

毎回、「視点が変わった」「世界の見方が変わった」というご意見を頂きます。
植物やお花、動物たちの美しさは然ることながら、
そこに込められた神秘を学ぶことで、この世がどれだけ美しい場なのかに、
気づいて行くことができます。

一人でも多くの方に、
優しく美しいこの世界の見え方をまた知って頂きたいと感じました。


2010年スケジュール『植物の神秘』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月 9日(土)終了
テーマ内容日程
class 1 私たちの生活に及ぼす
光と色の影響 1色彩豊かな私たちの世界の光と色が及ぼす、
植物・昆虫・動物・人間との関係や影響を探ります。また、
簡単な色彩学やプリズム、黄金比など自然界の法則を学びます。
            ✢✢✢
2月13日(土)10:30~12:30 受付中!!
class 2 私たちの生活に及ぼす
光と色の影響 2
〜 ルドルフ・シュタイナーに学ぶ
自然界の色と光 〜思想家ルドルフ・シュタイナーの教えた色の世界とは?
各色の性質や色が私たちに及ぼす心理的影響を学びます。
身近に感じている色を少し離して見てみる事で、
普段意識していない世界を発見します。また、
ヨーロッパにおける色彩の歴史を絵画を通して知ります。
            ✢✢✢
3月13日(土)10:30~12:30 受付中!!class 3 形の神秘 1 
〜マンダラの歴史と意味〜形の不思議を学びます。
自然界、そして宇宙と私たち人間の繋がりや、
命の世界を形を通して探究します。 マンダラの意味するものとは?
世界のマンダラ、そしてその由来や
クロップサークル(ミステリーサークル)との関係とは?
            ✢✢✢
4月10日(土)10:30~12:30 受付中!!
class 4 形の神秘 2 
〜マンダラを描く〜生命が描く円とは?
私たちが宇宙と繋がっている基本形を実際に描いてみます。
マンダラが私たちに教えてくれる事を身体を通して学びます。
また、色を塗る事で感じるマンダラの世界をお楽しみください
            ✢✢✢
5月 1日(土)10:30~12:30 受付中!!
class 5 音の神秘  
〜創造する音〜宇宙創造の歴史と植物に及ぼす
音の影響とは?世界中で活躍する自然・音の研究家
たちが行なった、植物の生育や人と音の不思議影響
とこれからの音の新たな可能性をご紹介します。
            ✢✢✢
6月12日(土)10:30~12:30 受付中!!
class 6 世界の植物と暮らし
〜欧米の庭と暮らし
リュック.Gガーデンの世界〜最終クラスでは、
グロッセリュックがこれまで撮影した世界中の花と
緑のある暮らしや街、そして自身がこれまで手がけ
た数々の庭のスライドショーです。世界を植物を
中心にみてみると、このような神秘にあふれています。
# by Ecole-G | 2010-01-10 11:26


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31